スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

マイクロソフト Sculpt Ergonomic Keyboard




今回 マイクロソフトのSculpt Erfonomic Keyboardを購入した

前の記事
http://kurisuthianoronaudo.blog85.fc2.com/blog-entry-138.html
でも紹介した商品です。


お店で置いてあったのを発見して、すごい気に入ったので紹介しました。
そして、ついに購入することに。


理由は上の記事に書いてる通り。
決め手となったのは、最近机の上をきれいにするということにこっている?ので無線にしたい!と思っていたので購入することに!


レビューを見ていると
Natural Ergonomic Keyboard4000かNatural Ergonomi Keyboard7000から買い換えてって人が多かったので、
私も4000からの買い替えなので、4000との比較をしていきたいと思います







※この記事は比較なので、Sculpt Ergonomic Keyboardのよさは前の記事で書いたので、そちらを先に見ていただけるとありがたいです!




キーボード4
キーボード3
キーボード2
キーボード1





3枚目がとても暗くなってしまっていました。すいません


横はテンキーを入れるとほとんど変わらない感じ。
でも私はテンキーはほとんど使うことがないので、テンキーはない状態で使っています。
横が短くなったことでマウスがキーボードにより近づけられて、机の上がとても広くなった感じ

縦はほとんど変わらず


重さも私が持った感覚だとあまり変わらないじ。
テンキーの分を足せば同じ重さなんじゃないかなと思う感じ。

とても以外だった。
お店で見たときは、真ん中の部分が空いてる感じになったし、テンキーもわけられ、ボタン?も少なくなったので軽くなったんだろうと見た目で思い、
持ったときもすごく軽くなったように感じたのだが、両方比べてみるとあまり変わらなかった



キーボードの部分はすごい変わっていた。
浅くなり、高級感も出た。
ノートパソコンのような感じに!
カーブは、4000とかわらないと思うのだが、すこし角度がゆるくなった感覚がある。

使った感想は4000と感覚的には、打った感触以外はあまり変わった感じがするが、十字キーの位置とPLMより右からEnterまでが少し変わった気がする。
ちょっと、そこらへんのタイピングミスが出てくるようになった。
が、2時間くらい触ったらそれもなくなった。

前の記事で書いたように、何もかもが良くなっている!
一つだけ嫌な点があったのだが、それはF1~F12
これが前はでかかったのだが、小さくなり、硬くなったので打ちにくい・・・

これだけは悪いところかな?


これで7000円は安い!


みなさんも買ってみてはどうでしょうか?

スポンサーサイト
Date: 2013.11.28 Category: 商品紹介  Comments (0) Trackbacks (0)
ニコ生コミュニティー
プロフィール

黒鷲

Author:黒鷲
ニコ生で放送している黒鷲です。年齢は19歳。ニートです。ゲーム放送をやっています。よかったら入ってください⇒http://com.nicovideo.jp/community/
co1418210
skype:kurowasi2144


http://www.amazon.co.jp/registry/
wishlist/2EAFYRFY4HU3A/
ref=cm_sw_r_tw_ws_tC3mrb1RRDBB9
TERA
サーバー:ヴェリック
スレイヤー:60LV:黒鷲2525

メイプルストーリー
サーバー:楓
カンナ:192LV:陰陽師黒鷲
EV,161LV,竜xx黒鷲xx竜
他100LV以上数体

Twitter
楽天
amazon
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
20652位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5326位
アクセスランキングを見る>>
**雪降るブログ**
真・歌わせてね♪「鏡音リン」

まよねーず工場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。